karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました→2018年になってさらにペースが落ちました。コメントははてブではなくコメント欄に書いてくれると凄く楽です。

カメラ遍歴の話・その4

f:id:karorinyan:20171228120619j:plain

このブログの初期の話ですが、写真を毎日貼ってるだけのブログでは早々に飽きられてしまうのではないか、と思って「カメラ遍歴の話」というものを3回ほど書いてました。で、それっきり1年以上ほったらかしだったんですが理由あってその4を書いてみることにします。昨日に続いて年末特番ってやつですよ。その3はこちら。

 

~前回までのあらすじここから~

気がついたらα900を買っていた。何を言ってるかわかんねーと思うがうれしかった。

~前回までのあらすじここまで~

α900を買ってから約1年ほどたち、「もしかしてフルサイズ機って重いのでは?」という事に気づきはじめました。そんなタイミングで発売されたのがオリンパスE-P1でした。「なんだこのカメラかわいい。写りもいい。買おう。買うしか無い。ていうか買った! 買ったぞー! うおーーー!!!」それが2009年7月の出来事でした。

 

そしてα900の後継機をずっと待っていたら月日がどんどんたってしまいました。待ってる間にE-P3というカメラが出たのでそれも買ってみました。さらに待っているとE-M5というカメラが出たのでそれも買ってみました。すると少しずつ考えが変わってきました。

 

オリンパスのカメラって手ぶれ補正がよく効くし、センサーにゴミもほとんどつかない。レンズも随分揃ってきたししばらくこっちをメインにするか…」

 

ちょうど時期的に位置ゲーにドハマりしていたときなので小さく軽く使い勝手がいいE-M5は旅のお供に最適だったわけですね。そしてそこに45mm F1.8とか75mm F1.8といった高画質なレンズを買い足していくたびにより一層「マイクロフォーサーズがあれば他に何も要らないや…」ってなっていったりもしてました。そしてこれはRX1Rとα7sが出るまで続きます。

 

まだまだ続くので今日のところはこの辺で。またいつか続きを書きます。

 

写真は買ってすぐのE-P1。その後ろにパナソニックのLX3が写ってますけどいつ買ったのかよく覚えてません。でも緑と赤の色が派手すぎて使いにくいカメラだなあ…って思っていたことはよく覚えてます。あと右奥でボケてるのはウサビッチです。