karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました→2018年になってさらにペースが落ちました。コメントははてブではなくコメント欄に書いてくれると凄く楽です。

明瞭度を上げすぎないように

f:id:karorinyan:20210106225247j:plain

今年のテーマは「明瞭度を上げすぎない」にしようかなと思います。できるだけふわっとした写真を貼っていきたい。シグマ45mmの影響かもしれない。

 

写真は台南のタピオカミルクティー屋さん。待って。何を待ってほしいのか。ちょっと覗いていってほしい的な感じなのだろうか。日本で言うとPlease waitって店名にするようなものだろうか。それだとあまり違和感はないな。

 

α7III&55mmZA 台南

しごと、はじまります

f:id:karorinyan:20210105003854j:plain

何にもない年末年始でしたね。体はやすまったけど気持ちはまったく回復してないというか、むしろ悪化したというか。働きながら調子を取り戻していきましょう。

 

写真は法善寺から横町方面。人生いろいろ、猫生もいろいろ。

 

α7C&85mm f1.8 難波

あけましておめでとうございます2021

f:id:karorinyan:20201231232235j:plain

みなさまあけましておめでとうございます。2021年です。今年は去年よりはいい年になるでしょうか。きっとなるでしょう。まあ2020年の元日もそんなことを思ってましたけどね。

 

で、予告しました通り本日は2020年に買ったレンズの話をしようかなって思います。お正月くらいはちょっと特別な事をしたいですしね。これから書くので面白いかどうかはまだよくわかりませんがよろしくおねがいします。

 

2020年一番使ったレンズ。大口径広角ズームってそんなに使い勝手いいか!?と自分でも思うのですが、これが意外とよいのです。別に大口径でなくてもいいんですが、結構寄れて結構軽い。寄れるレンズはそれだけで価値があるのです。軽いレンズも同じくです。もはや重いレンズはよっぽどの理由がないと買う気が起きないです。

別に大口径でなくてもいいとはいいましたがこのレンズが一番役に立つのは水族館です。まあまあ明るいんで広角端開放にしてガラス越しに魚を撮ると結構絵になる写真が撮れるんですよ。これがF4通しだったりするとシャッター速度が足りなくなったりノイズが増えたりしていたはずなのでやっぱ大口径にはちゃんと意味があるんですね。おススメ度は4.75点くらいにしておきます(5点満点。刻みすぎでは…?)

誰もが夢見る大口径望遠ズーム。リーズナブルなお値段でありながら写りはばっちりです。手振れ補正はついてませんがボディ側の手振れ補正に頼れば多少は問題ないです。傾向としてちょっとハイキー気味に写るような気がするんですが気のせいかもしれません。

そしてこのレンズは先日も話しましたように屋外で人を撮るために買いました。しかし今のところ屋内撮影ばかりでまだ本来の目的に沿った撮影をしていません。花とか紅葉を撮るのに使ってます。なのでちょっと評価をしにくいです。とはいえ今のEマウントで大口径望遠ズームって選択肢がほとんどないのでおススメ度は4点くらいは行くと思います。大口径望遠ズームとしては滅茶苦茶軽いですしね。大口径いらないならシグマ100-400とかでいい気はしますけど。

フルサイズ用便利ズームとしてはわりとしっかりとした写りで好感度高い一本です。超ガチな撮影とかじゃなければ実は70-180mm f2.8とか持って行かずともこれでいいんじゃないかって気もする良いレンズです。4.5点くらいあげたいです。便利ズームがどう便利かなんていちいち説明するのもあれなのでしません。自分の主な用途は旅行用です。

そういえばワイ端f2.8は便利そうだと思ってたんですが実際はあんまり使い道ない気がします。みんなはどう?

  • 100-400mm F5-6.3 DG DN OS(シグマ)

まあまあ重いけどテレ端400mmとしては軽い部類のレンズ。一日中持ってると辛いけど多分そんな使い方をする自分が間違っているんでしょう。レンズ手振れ補正は結構効きがいいので400mm時の撮影もそれほど苦ではないです。ただ凄い勢いでバッテリーが減っていきます。Zバッテリーであろうと早急にバッテリー交換を要求されます。

今のところα7シリーズにつけられる望遠ズームの選択肢はそんなにないので、400mmが使いたくてお金がないならとりあえずこれになるんじゃないでしょうか。そういう意味でおススメ度もへったくれもないんですが、まあ4点くらい…ですかね。自分は動物園とか球場に持っていって使ってます。

あ、そういうえばこのレンズ、フィルタ径が67mmです。うちにあるタムロンレンズや85mm、Batis 2/40なんかも67mmです。便利ですね。

  • 45mm F2.8 DG DN(シグマ)

α7Cにつけられるコンパクトな寄れるレンズが欲しくて購入しました。まあまあ寄れる気はします(最大撮影倍率は0.25倍)。このレンズ、絞りリングついてるんですがα7Cにつけてるといまいち回しにくかったのでAに固定して使ってます。回せる人はせっかくなんで絞りリングで絞り変更したほうが楽しいと思います。

このレンズの特徴は寄れるけれども開放で寄るとふわふわ。度を越してふわふわ。買う前は作例を見て「さすがにこれは開放では使えないだろう…」と思ってたんですが買ってみると割と気にせず使うようになりました。たとえふわふわでも寄れるに越したことはないのです。で、おススメ度は…人を選ぶレンズだと思うんですけど個人的には4.25点くらいです。好き。α7Cにつけるのであればもうちょっとプラスしてあげたい感じです。サイズ感的に。

最後に紹介するのはα7Cのキットレンズ。キットレンズとして買うと3万円くらい、バラで買うと5万円くらい。じゃあキットレンズとして買って向いてないなら売ればいいか、という気持ちで買いました。写りはまあふつうです。寄れなくて暗くてその代わりに滅茶苦茶小さい普通のズームレンズです。24105Gとか持ってるならいらないレンズのような気がしたんですが、以下の理由でわりといるレンズになりました。

自分は普段単焦点ばかりつけてるので、たまに「あ~今日持ってきている単焦点だとどれも焦点距離が微妙~」って時があります(例えば55mmと85mmをつけてきてしまったので広角側がどうしようもないとか)。そんな時の保険としていつもカバンにいれときゃいいかな、みたいな使い方ができます。実際カバンに一応入れてくことが多いです。まだこのレンズに助けられたことはないですが、年に1回でも助けられたら御の字かな…。

おススメ度はガチ撮影勢に対しては3点前後、事務所マネージャーさんが毎回の仕事にちゃんと持っていけて担当の子を都度綺麗に撮れるカメラが欲しい、とかいう場合はα7Cとセットで買う事を前提に4点くらいです(変に具体的)

 

これで全部?かな?なんか忘れてるレンズもあるかもですがとりあえずこの6本で全部です。読み返してみるとそれぞれ作例もつけろよって感じですけどそのへんはレビューサイトとかで…。

 

写真は丑年なので牛。ベトナムで撮った牛。今年もよろしくお願いします。 

 

α7III&55mmZA ドゥオンラム村

2020年を振り返る(カメラとか写真的に)

f:id:karorinyan:20201230011524j:plain

はいそういうわけで2020年最後の更新です。今年は本当に大変な年でしたが皆さんお疲れさまでした。来年も頑張っていきましょう。で、本日のお題は2020年の振り返りです。カメラとか写真的に。箇条書きでさっそくいってみたいとおもいます。凄く長くてつまらないと思うんで読み飛ばしたほうがいいと思います。

 

  • 2月:3年ぶりにベトナムに写真を撮りに行った。この時点ですでに世の中はちょっとコロナ色に染まっていた。ハノイ大聖堂もコロナを理由に立ち入ることができなかったし、ハノイ名物のナイトマーケットも一時的に中止状態だった。なおこの数週間後くらいにベトナムは外国人入国制限を行ったので凄いタイミングだったみたい。あとX100Vを買った。そしてシルバーの高級コンデジはラフに扱えない事を知る。
  • 3月:実はこの頃から人に頼まれて写真を撮り始める。そのためにGODOXのストロボとかレフ板を買ったりした。人を撮るためのレンズが必要だなと思い始めた。
  • 4月頃:コロナのせいで写真を撮りに行く機会が激減する。そしてこのあたりからテレワークが始まってさらに写真を撮らなくなる。通勤って撮影機会的にとても大事だと思った。
  • 6月頃:人を撮るためにタムロン70-180mmを買った。しかし実はまだこのレンズで人を撮っていない。屋外で撮る事がぜんぜんなくて…。
  • 7月:来年こそはオリンピックが開催されることを信じて、前から欲しかった望遠ズーム(シグマ100-400mm)を買う。このあたりからオリンパスを手放してソニーEマウントのみに絞ろうかなと思い始める。そして勢いでタムロン17-28mmも買う。これらの入れ替えにオリンパス40-150mmと1635Zがマップカメラにもらわれていった。
  • 8月:タムロン17-28mmを買って出番がなくなったFE28mmのためにブラックミストNo1を買う。これがなかなか楽しくて「フィルタで遊ぶのもいいもんだな」と思い始める。あととしまえんに行ったりすみだ水族館の年パスを作ったりした。まだしばらくは近場で写真を楽しむしかないと思って。
  • 9月:ソニーストア銀座でα7Cを触って「何だこの自分にあわないカメラ…」と絶望する。この頃はまだそんなイメージだった。
  • 11月:ついにオリンパス12-100mmを売ってソニーEマウント一本に絞ることにした。代わりに手に入れたレンズがタムロン28-200mm。そしてボディもα7Cレンズキットを買い足してα7IIIとα7Cの二台体制(α7Sもあるんだけど)にした。X100Vはα7Cを買ったことで出番が間違いなく減るので手放した。ここまで読むとなんかやたらと迷走した1年って感じがするけどここでようやく収束した。あとついでにシグマ45mmも買った。それとGoToでちょっと遠くまで写真を撮りに行ったりもした。
  • 12月:振り返るとどこにも行けないストレスでやたらとカメラやレンズを買ったり売ったりした1年だった。なおこのブログを書いている時点で2020年の撮影枚数は83538枚。なんでコロナと無縁だった2019年より27000枚も増えているんだろう…。やはりストレスか…。

 

まあそんなわけで自分にとっての2020年はそんな感じでした。カメラ以外の事を書くと、今年は生きがいだったアイマスライブが全て中止になって本当に息苦しい1年でした。例年と比べてやたらと機材を売り買いしたり撮影枚数が跳ね上がったりしてるのはまあストレスなんでしょうね。

 

写真は高田馬場の自転車。次回ブログ更新は1/1です。内容は2020年に使ったレンズの総評になると思います。来年もよろしくお願いします。

 

α7C&Batis 2/40 高田馬場

返ってきたα7C

f:id:karorinyan:20201228123710j:plain
そんなわけでα7Cが修理から返ってきました。シャッター半押し判定がおかしかった理由は異物混入でした。シャッターボタンあたりに異物が混入してたってことでしょうか。そんなことあるんですね…。とにかく年内に返ってきてくれてよかったです。

 

写真は福知山線廃線跡の第2武庫川橋梁の手前。歩いている人を印象的に撮るならローポジション。そう銀河百科事典にも書いてあります。ところで次回更新が年内ラストの更新ですかね。次回は2020年を振り返りたいので今のうちから頑張って書き始めます。

 

α7III&タムロン28-200mm F2.8-5.6 福知山線廃線跡

メリークリスマス2020

f:id:karorinyan:20201225113505j:plain

まあ一応クリスマスなんでクリスマスっぽい電飾の被写体の写真を…ってなんなんですかね、これ。

 

写真は熊本市電のイルミネーション電車。ベースはレトロ調電車101号です。もちろん各地のクリスマスツリーの写真も結構撮ってあるんですが、今日は変化球ということで。あ、そういやα7Cの修理もう終わったみたいです。早いよ。

 

α7C&85mm f1.8 辛島町駅

夜の明かり

f:id:karorinyan:20201223112528j:plain夜に輝くラーメン屋の看板って温かみがあっていいですね…。あっ、全然関係ないんですけどα7Cを修理に出しました。シャッターボタンがおかしくなって半押しがちゃんと機能しないという理由で。返却は年明けになるって話だったんですがなんとか年内に戻ってこないかなあ。

 

写真は新今宮のラーメン屋さん。で、まあα7IIIもあるししばらく撮影に出かける予定もないしいいかと穏やかな気持ちでソニーストアに預けてきたんですが、やっぱ買ってまもないα7Cが壊れて年末年始に手元にないってどうなのよって気持ちもよくよく考えたらあります。とはいえぷんすか怒ったところで何も解決はしないですし、気持ちのやり場に悩みますね。

 

α7C&85mm f1.8 新今宮