karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました→2018年になってさらにペースが落ちました。コメントははてブではなくコメント欄に書いてくれると凄く楽です。

あけましておめでとうございます2021

f:id:karorinyan:20201231232235j:plain

みなさまあけましておめでとうございます。2021年です。今年は去年よりはいい年になるでしょうか。きっとなるでしょう。まあ2020年の元日もそんなことを思ってましたけどね。

 

で、予告しました通り本日は2020年に買ったレンズの話をしようかなって思います。お正月くらいはちょっと特別な事をしたいですしね。これから書くので面白いかどうかはまだよくわかりませんがよろしくおねがいします。

 

2020年一番使ったレンズ。大口径広角ズームってそんなに使い勝手いいか!?と自分でも思うのですが、これが意外とよいのです。別に大口径でなくてもいいんですが、結構寄れて結構軽い。寄れるレンズはそれだけで価値があるのです。軽いレンズも同じくです。もはや重いレンズはよっぽどの理由がないと買う気が起きないです。

別に大口径でなくてもいいとはいいましたがこのレンズが一番役に立つのは水族館です。まあまあ明るいんで広角端開放にしてガラス越しに魚を撮ると結構絵になる写真が撮れるんですよ。これがF4通しだったりするとシャッター速度が足りなくなったりノイズが増えたりしていたはずなのでやっぱ大口径にはちゃんと意味があるんですね。おススメ度は4.75点くらいにしておきます(5点満点。刻みすぎでは…?)

誰もが夢見る大口径望遠ズーム。リーズナブルなお値段でありながら写りはばっちりです。手振れ補正はついてませんがボディ側の手振れ補正に頼れば多少は問題ないです。傾向としてちょっとハイキー気味に写るような気がするんですが気のせいかもしれません。

そしてこのレンズは先日も話しましたように屋外で人を撮るために買いました。しかし今のところ屋内撮影ばかりでまだ本来の目的に沿った撮影をしていません。花とか紅葉を撮るのに使ってます。なのでちょっと評価をしにくいです。とはいえ今のEマウントで大口径望遠ズームって選択肢がほとんどないのでおススメ度は4点くらいは行くと思います。大口径望遠ズームとしては滅茶苦茶軽いですしね。大口径いらないならシグマ100-400とかでいい気はしますけど。

フルサイズ用便利ズームとしてはわりとしっかりとした写りで好感度高い一本です。超ガチな撮影とかじゃなければ実は70-180mm f2.8とか持って行かずともこれでいいんじゃないかって気もする良いレンズです。4.5点くらいあげたいです。便利ズームがどう便利かなんていちいち説明するのもあれなのでしません。自分の主な用途は旅行用です。

そういえばワイ端f2.8は便利そうだと思ってたんですが実際はあんまり使い道ない気がします。みんなはどう?

  • 100-400mm F5-6.3 DG DN OS(シグマ)

まあまあ重いけどテレ端400mmとしては軽い部類のレンズ。一日中持ってると辛いけど多分そんな使い方をする自分が間違っているんでしょう。レンズ手振れ補正は結構効きがいいので400mm時の撮影もそれほど苦ではないです。ただ凄い勢いでバッテリーが減っていきます。Zバッテリーであろうと早急にバッテリー交換を要求されます。

今のところα7シリーズにつけられる望遠ズームの選択肢はそんなにないので、400mmが使いたくてお金がないならとりあえずこれになるんじゃないでしょうか。そういう意味でおススメ度もへったくれもないんですが、まあ4点くらい…ですかね。自分は動物園とか球場に持っていって使ってます。

あ、そういうえばこのレンズ、フィルタ径が67mmです。うちにあるタムロンレンズや85mm、Batis 2/40なんかも67mmです。便利ですね。

  • 45mm F2.8 DG DN(シグマ)

α7Cにつけられるコンパクトな寄れるレンズが欲しくて購入しました。まあまあ寄れる気はします(最大撮影倍率は0.25倍)。このレンズ、絞りリングついてるんですがα7Cにつけてるといまいち回しにくかったのでAに固定して使ってます。回せる人はせっかくなんで絞りリングで絞り変更したほうが楽しいと思います。

このレンズの特徴は寄れるけれども開放で寄るとふわふわ。度を越してふわふわ。買う前は作例を見て「さすがにこれは開放では使えないだろう…」と思ってたんですが買ってみると割と気にせず使うようになりました。たとえふわふわでも寄れるに越したことはないのです。で、おススメ度は…人を選ぶレンズだと思うんですけど個人的には4.25点くらいです。好き。α7Cにつけるのであればもうちょっとプラスしてあげたい感じです。サイズ感的に。

最後に紹介するのはα7Cのキットレンズ。キットレンズとして買うと3万円くらい、バラで買うと5万円くらい。じゃあキットレンズとして買って向いてないなら売ればいいか、という気持ちで買いました。写りはまあふつうです。寄れなくて暗くてその代わりに滅茶苦茶小さい普通のズームレンズです。24105Gとか持ってるならいらないレンズのような気がしたんですが、以下の理由でわりといるレンズになりました。

自分は普段単焦点ばかりつけてるので、たまに「あ~今日持ってきている単焦点だとどれも焦点距離が微妙~」って時があります(例えば55mmと85mmをつけてきてしまったので広角側がどうしようもないとか)。そんな時の保険としていつもカバンにいれときゃいいかな、みたいな使い方ができます。実際カバンに一応入れてくことが多いです。まだこのレンズに助けられたことはないですが、年に1回でも助けられたら御の字かな…。

おススメ度はガチ撮影勢に対しては3点前後、事務所マネージャーさんが毎回の仕事にちゃんと持っていけて担当の子を都度綺麗に撮れるカメラが欲しい、とかいう場合はα7Cとセットで買う事を前提に4点くらいです(変に具体的)

 

これで全部?かな?なんか忘れてるレンズもあるかもですがとりあえずこの6本で全部です。読み返してみるとそれぞれ作例もつけろよって感じですけどそのへんはレビューサイトとかで…。

 

写真は丑年なので牛。ベトナムで撮った牛。今年もよろしくお願いします。 

 

α7III&55mmZA ドゥオンラム村