karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました。

ホーチミン市ゴーバップ区をあるく

f:id:karorinyan:20161213210950j:plain

「せっかくホーチミンまできたんだし市外にも行ってみるかー」と思っていた頃が自分にもありました。ありましたけれども、ホーチミン市って凄く広いんですよ。大阪府とほぼ同じ大きさなんですよ。大阪市じゃないですよ、大阪府ですよ。ということは市外まで行かなくてもいろんな景色が広がっているはず。そう考えた自分は勇気を出してホーチミンの市バスに乗ったのでありました。目的地は空港の向こう側。お値段は6000ドン(30円)です。

 

写真はタンソンニャット空港の北側に位置するゴーバップ区の路地裏。ホーチミン市には19の区があり、ゴーバップ区はその中で最も人口が多い区、だそうです。ガイドブックに載ってる様な1区とは違って見てのとおりの生活地域です。

きらびやかな1区と違って外国人が全然いない地域なのでカメラ持ってうろうろして大丈夫かなーって不安も少しはあったんですが、区の皆さんはびっくりするほどフレンドリーでして、カメラを向けなくてもいろいろ察してピースをしてくれるようなサービス精神までありました。路上でニワトリをさばいていたオバちゃんもカメラに気づいたら両手でニワトリ(さばきかけ)を掲げて笑顔でポーズですよ。そのあまりの圧にちょっと怯んだところもあったのですが、「はやく撮ってよー!んもー!」みたいな雰囲気が凄かったのでこっちもなんかヤケになって「サンキュー!グッドフォト!!グーッド!!!」ってノリで応えたりして、あー、たのしいところだったなー!

 

せっかくベトナムまで行くのだからもっと秘境みたいな景色がみたい、と言うのであればメコンデルタのツアーとかに行くといいかもですが、観光客向けじゃない顔が見たい、程度のノリでしたらゴーバップ区はオススメですよ。バイクタクシーも全然声をかけてきませんし。