karorinyan photo blog

写真やってるブログです。二日に1回くらいのペースで更新してます。

ジャパンカップに行ってきました

もう11月も終わりという事でメインレースの頃には日が傾きまくってますね。今回は内側を走っていたヴェラアズールが最後抜け出て1着になったのでいつもの真横写真みたいなのは撮れてないです(外を走ってたデアリングタクトやシャフリヤールはばっちりなんですが)。その代わりなんかちょっとエモいゴールの瞬間を…。

 

写真はジャパンカップのゴールシーン。1着ヴェラアズールは一番右の赤い帽子ですたぶん。今年の頭までずっとダートレースを走っていてこのジャパンカップが初GIレースという馬だったんですが、そんな馬がジャパンカップを勝つなんて、いやはや…!

 

馬券の方は単勝ワイド三連複と当たりました。ありがとうヴェラアズールとムーア騎手。

 

このジャパンカップで2022年の東京競馬場のレースは終わりです。来月からは中山ですね。その前にちょっと名古屋にいってきますね。

 

上2枚:α9II&タムロン50-400mm

下1枚:α7C&タムロン20-40mm 東京競馬場

防湿庫を買い、写真QOLみたいなのがまた上がった。

今やってるamazonブラックフライデーで外付けHDDを買うつもりだったのですが、たまたま流れてきたハクバの防湿庫がかなりお買い得だったので心変わりしました。4つのドライボックスを積み重ねて必要に応じて入れ替える倉庫番のようなスタイルからはそろそろ卒業したかったのです。

 

そして届いたのは14000円の60Lのモデル。結構パズルのように詰め込んでなんとかドライボックスのボディとレンズが全部入りました。これで扉をあけるだけですべてのカメラとレンズにアクセスできるようになりましたよこれは便利ですね。さてと空になったドライボックス4個はどうしよう…。

 

写真は三成洞のピョルマダン図書館。ピョルマダンとは星の庭という意味らしいです。中野とかにあったら大炎上しそうな構造になってますが、手が届かないところにある本は当然ダミーだそうですよ。

 

あと図書館という名前ですが貸し出しはしてないそうです。民間の施設なんですかね。そのへんは調べてもちょっとわかりませんでした。

 

α9II&タムロン28-200mm ピョルマダン図書館

 

バズりたい、いいねがほしい。いいじゃない!

この前駅前の本屋でバズる写真編集術、みたいな本を見かけまして、そうだよね、写真バズらせたいよね、いいねもらいたいよね、って思いまして。やっぱ上手な写真を撮りたいとかバズりたいとかいいねがほしいとか、そういう原始的な欲求があったほうが腕が上達するんじゃないかなと最近思いはじめまして。

 

絵でもたぶんそうなんですよ。好きな絵を描けばいいっていうのもまあ一理はあるんですけど、絵が上手くなりたい、上手くなって賞賛されたい、コミケにサークル参加してレイヤーさんに売り子をしてもらいたい、モテたい、そういう熱意があったほうがきっと成長スピードが上がるんじゃないかなって。だから写真もそういう気持ちに素直になったほうがいいんじゃないかなって。そんなふうに思ってるんですけどどうですかね。

 

写真はソウルのバスの車窓から。ソウルの街は自分的には地下鉄よりバスの方が圧倒的に便利でした。目的地へのルートはグーグルマップが教えてくれるんでいいんですが、実際に移動する際、地下鉄はハングルが読めないと上り下りがよくわからない、乗り換えもよくわからない、降りる駅もよくわからないとわからない事づくめ。一方バスはそれほど遠くなければだいたい乗り換えなしでいけるルートを表示してくれます。そして上り下りは車の方向でわかる。降りる場所もグーグルマップ見てればだいたいわかる。とわかる事づくめ。みなさんもソウルに行くことがあればバスに乗りまくってみてください。

 

α7C&55mmZA ソウル

次の旅の準備をはじめました

何事でも準備は早ければ早い方がいいって言いますからね。次は全国旅行支援を使った旅の予定です。新幹線で、ちょっと遠くへ。

 

写真は夜の文来洞芸術創作村。ソウル駅の南西の方角にある工場と芸術の村です。で、この誘導棒を持った方が夜にここで何をしているかというと、この後ろで何らかの撮影的な事をしていたため入ってきた車に対して迂回を求めていたのではないかと思います。撮影の様子もちらっと見たんですけどいったいなんて作品なんですかね。いつかNETFLIXとかで見れたりしますかね。

 

α7C&55mmZA 文来洞芸術創作村

初めての韓国GIレース観戦

11月12日日曜日、この日自分が向かったレースはエリザベス女王杯でもマイルチャンピオンシップでもなく、第18回大統領杯(韓国GI)でした。はい、ここ数日間にわたりずっと韓国の写真を貼っていますが、今日ももちろん韓国の写真です。

 

旅行3日目は日曜日でして、天気もそれほど良くなかったため街の散策をきりあげてソウル競馬場に行ってみました。そしたら本当に偶然だったんですけど、この日のソウル競馬場はGIレース開催日。んじゃあまあ記念にってことで馬券も買ってみました。

 

日本とは違って韓国では現金で直接馬券を購入するのではなく、一度窓口でバウチャーを買って、マークシートと一緒に馬券販売機に挿入するやり方になってます。ハングルが読めないので第何レースがメインなのかよくわからなかったのですがそこは賞金額を見て判断。どの馬が強いかもわからないから単勝で7番を買ったんですがこのレースのド本命はソウルカップも勝利した5連勝中のウィナーズマンでした。オッズ1倍台でした。まじかー。

 

メインレースまで時間があったのでフードカーで購入したすり身のおでん。値段書いてなかったけど他の人が1000ウォン札1枚出してるのを見て自分もなんとかいけました。

 

わざわざ韓国まで行ってソウル競馬場に行くのは本当に正しい選択なのか?とどきどきしながら向かいましたけど結果とても貴重な体験ができたのでセーフもセーフ、大セーフです。だって一生語れるような体験ができたわけですから。

 

写真は1枚目が第18回大統領杯一着ラオンファースト。勝ったのは大本命ウィナーズマンではなくこのレース唯一の牝馬でした。旅行先という事でいつもの超望遠ではなくタムロン28-200mmで挑んだわけですが日本と違ってカメラ持った人たちによる柵前争奪戦などはなく、いい感じにゴール前で撮れたのはラッキーでした。

 

α9II&タムロン28-200mm ソウル競馬場・大統領杯

Lightroomのプリセットを新たに模索。

Lightroomで写真を調整するとき、これまでは透明感を出すためにTR02をほんのひとつまみしてたんですけど、CT02もなかなかいい感じの雰囲気にしてくれるのでちょっとカスタマイズして常用することにしてみました。カスタマイズ内容は粒状感を取り除く、周辺減光がかかりすぎなんでちょっと抑える、テクスチャと明瞭度をあげる。メインはだいたいこんな感じです。上の写真がその調整をかけたものなんですがどうですかね。どうですかねっていっても今までと比べないとわからんですよね。

 

写真は景福宮ぞいの道。今回のソウル旅行はたまたま紅葉の時期と丸被りしてしまったんですけど、おかげでソウルの街はイチョウがとても綺麗だということを知ってしまいました。ん? これよく見るとイチョウじゃないな? 葉っぱがでかいしプラタナスかな? 右の細い木がイチョウで真ん中の太い木がプラタナスのような気がします。

α7C&55mmZA 景福宮のそば

今日も清渓川はどこまでも透き通っている

ここはソウル中心部を流れる清渓川。一部日本人の間でピラニアが住んでるだの日和見主義者が沈められているだの散々な言われ方をしていますが、市民の憩いの場としてなんかすごくいい感じの川です。東京でいうと…大きさは全然違いますけど隅田川でしょうか。

 

写真は夕方の清渓川。一応補足しておくと透き通っているだのピラニアだの日和見主義者といったワードは全部ブルアカ由来だそうです。ブルアカやってないんではっきりとしたことは言えないんですけど、そうらしいです。そしてこの川の写真をツイッターに貼るとブルアカプレイヤーの皆さんに喜ばれます。異文化~。

 

α7C&55mmZA 清渓川