karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました→2018年になってさらにペースが落ちました。コメントははてブではなくコメント欄に書いてくれると凄く楽です。

観覧車の車窓から

f:id:karorinyan:20181019012942j:plain

空から見る街はよいものだ。ビルの展望台から見る街も良いけれど、観覧車から見る街はまた格別だ。

 

写真はいよてつ高島屋の大観覧車くるりんから見た伊予鉄松山市駅。陽が沈みかけだったので影もちょっと伸びたりしてて、またそれがいい。

 

そして前回の続きはこちら↓

~Batis 2/40 CF修理日記 その2~

よくよく調べたらツァイスにはお問い合わせ用電話番号があることを知り、電話で修理の進捗を聞いてみた。すると昨日(水曜)に届いているので明日(金曜)には検査結果と見積もりが出ると思います、とのこと。返事はマップカメラさんから行くと思いますけど詳細が聞きたければまたこちらにお電話ください、とも言われてとても親切みを感じました。ありがとうツァイス。

 

そしてボディの方は昨日ソニーストアに受け取りに行ったわけですが、電源を入れてみるとモニタに何やら赤い点が。EVFでも同じ位置に赤い点が出ていたのでそのまま工場に戻っていってしまいました。まあ過失は自分にあるのでもうしばらく我慢我慢…

おそろしくはやい点検完了、オレでなきゃ見逃しちゃうね

f:id:karorinyan:20181127023936j:plain

土曜に銀座ソニーストアに持っていって点検に出したα7IIIですが、なんと本日のお昼に点検完了の電話がかかってきました。預けてから48時間で完了(しかも間に日曜を挟む)は今までの修理履歴で最短ですね。最近α7III売れまくってるのにサポートの質がより一層上がってるのはちょっとびっくりしました。ありがとうソニー。すごいぞソニー。で、ボディの方は異常なしということでそのまま返ってくるそうです。さああとはツァイスに出したレンズの方だ。

 

写真はミッドタウンのサンタツリー、から出動するサンタ集団。はい、batis 2/40 CFで撮ったやつです。早く帰ってきて…

カメラを落とすと人は声が出なくなる。

f:id:karorinyan:20181207033742j:plain

やってしまいました。カバンのファスナーが開いていてカメラを落としてしまいました。買ったばかりのBatis 2/40 CFとα7IIIがすごい音を立てて落ちました。キャップは外れ、フィルタは粉々になり、レンズとボディは… あれ? 無傷だな。自分の手は震えてて声を絞り出すこともできないけど、レンズとボディはぱっと見は異常はなさそうだな…

 

しかし見た目に問題はなくても写りの方はまったくわかりません。仕方ないのでレンズもボディも修理点検に出しました。α7IIIは5年ワイド保証に入っているので全く心配はしていないのですが、問題はBatis 2/40 CFです。買ってまだ2週間なのに… 悲しい… つらい… 立ち直れない…(一晩寝て少し立ち直りましたけど)

 

写真は六本木ヒルズのクリスマス2018。はい、Batis 2/40 CFで撮ってます。このレンズを買ってからわざと傾けることが増えました。やっぱ50mmより35mmに近い撮り方になりますね。まあ今手元にないんですけど。

 

ところでBatisの修理ですが、これが意外とネットを探しても体験談が出てきません。というわけで誰かの役に立つように自分の例を記しておこうと思います。

 

~Batis 2/40 CF修理日記~

12月8日(土)…マップカメラに修理点検依頼をだす。このあと仲介業者を通じてツァイスで点検されるとのこと。だいたい一週間から10日くらいで見積もりが出るらしい。異常なしで返ってくるといいなあ。

ほそぼそ銀杏

f:id:karorinyan:20181203031211j:plain

今年の紅葉は台風のせいでいろいろとおかしい、って聞きましたけどそういわれると例年より活気がないような。でも陽の当たり方が悪い個体を見てそう感じてるだけなのかな? この写真でも奥に見えているイチョウはしっかりしてますし、他の人の紅葉写真はどれもみごとなものばかりですし。

 

写真は三鷹国立天文台イチョウ。たしかレンズはFE24105Gです。どうしても望遠が好きなのでオリ12-100mmのほうが出番が多くなりがちなんですが、こっちももっと使いこなしていきたいですね。

f:id:karorinyan:20181206000040j:plain

せっかくなんでもう1枚。息抜き写真みたいなものなのでここから特に掘り下げる話はありません。ではまた次回。

始発で行こう酉の市。

f:id:karorinyan:20181203031451j:plain

冬コミの原稿が終わらない! でも酉の市には行きたい! じゃあどうしたらいいの! そうだ、始発の時間まで原稿を頑張って、始発が動いたら24時間ぶっとおしで酉の市をやっている浅草の鷲神社へ行こう。そして朝のうちに帰ってきてまた原稿をやろう。

「なるほど完璧な作戦っスね~っ 不可能だという点に目をつぶればよぉ~」

はい、酉の市から帰ってきたらベッドに倒れ込みました…

 

写真は浅草の鷲神社の酉の市。レンズは買ったばかりのBatis 2/40で、時刻はおそらく朝の6時頃。あまりに早い時間のためお客さんもまばらで、思う存分熊手の写真が撮れました。ありがとう酉の市。あ、さすがに何も買わずに帰ってきたりはしてませんよ。そこのところは大丈夫ですよ。

f:id:karorinyan:20181203031513j:plain

三の酉がある年は他の年に比べて火事の危険があるそうです。なのでこういう纏の形をした火除けのお守りがご用意されるそうです。この手の期間限定特殊お守りが大好きな人間ですのでもちろん買って帰ってきました。あれ? 「三の酉がある年は」っていわれてももうあと一ヶ月しか残っていないのでは?

ついでに過去の酉の市写真などもどうぞ。

 

ウナギ? いえいえ、タウナギです

f:id:karorinyan:20181129010647j:plain

前回のブログで「意麺を食べてくるの忘れてた」といいましたが、よくよく写真を見返してみるとちゃんと鱔魚意麵を食べてました。鱔魚というのはタウナギのことです。ウナギではないです。どっちかといえば穴子に近い感じの、田んぼに住むウナギのような生き物です。調理前の写真はとても赤黒くてかなりのホラー写真なので、調理後の写真をはっておきますね。

f:id:karorinyan:20181129011916j:plain

こちらが鱔魚意麵です。お店の名前は台南の人気店、阿江炒鱔魚ってところです。オープンとほぼ同時くらいに行かないとあっという間に列が伸びていく超人気店(らしい)ですよ。で、タウナギの感想なんですけどウナギと違って油っぽさが全く無いので本当に穴子のような味がしました。この上にのってる粉は…なんなんでしょうね…?

 

というわけで写真は行列ができる阿江炒鱔魚。注目すべきは壁に貼られたポスター類でしょうか。一見雑多に貼られているようにみえて相当センスのある並べ方に見えませんか。まるで映画のセットみたいというか…

台湾の選挙とパパイヤミルク

f:id:karorinyan:20181116023316j:plain

三連休の間に台湾で選挙開票とかありましたね。所詮はただのいち旅行者でしかない自分がおとなりの国の政治についてあれこれいうのもなんなので詳しい話は控えておきます。よく知りもしない事にいっちょかみはよくないですし。ただなにか一つ言えることがあるとすれば、今後も楽しく台湾旅行ができたらいいなあと。

 

写真は高雄の六合夜市。ここで日本人に有名なのはやっぱりパパイヤミルクですかね。木瓜牛乳という有名店があるんですが、行ってみたら馬英九(前総統、野党の偉い人)のサインがびっしり。おまけに店の横には馬英九等身大POP。ちょうど選挙運動まっさかりな時期に行ったのでたまたまそんな感じだったのかもしれませんが。

 

あ、写真に写ってるものについての話をまったくしてませんね。意麺というのはインスタントラーメンのモデルになったといわれている油であげた麺なのですが、そういや今回食べてくるの忘れてました。台湾ラーメンのモデルになった(らしい)担仔麺は食べてきたのに…。