karorinyan photo blog

写真やってるブログです。1日に2回更新してましたけど1回になりました→2018年になってさらにペースが落ちました。コメントははてブではなくコメント欄に書いてくれると凄く楽です。

夏休め! しっかり夏休め!

f:id:karorinyan:20190819001804j:plain

なぜなら大人になったら真夏に40日近い長期休暇なんて決して取れはしないのだから…。

 

写真は岩国城ロープウエーの車内。見た感じ麓も自然でいっぱいな感じに見えるのですが、岩国城のあたりまで登るともっと昆虫が取れたりするんでしょうか。立派な虫、取れるといいですね!

短かった夏休み

f:id:karorinyan:20190816113635j:plain

ただでさえ短かったのに2日目から台風の影響を受けまくってしまったのはちょっと笑っちゃいましたね。でも1日目が晴れてくれたからまあよしとしておこう…! その1日目の写真はそのうち貼ります。

 

写真は台風10号が接近中の姫路の十二所神社。ピントが甘いですね。人が歩いてくるであろう位置にしっかり置きピンして長時間粘ればよかった気もするんですがそれより早くご飯買ってホテルに帰らなきゃという気持ちに負けました。あと風雨。

短い夏休み

f:id:karorinyan:20190813004057j:plain

今日から3日間の短い夏休みが始まりますよ。というわけでさっそく広島に行ってくるわけですが…なんなんだあの超大型の台風10号は…。

 

写真は博多の中洲。モノトーンの世界の中に鮮やかな黄色と青がチラ見えしていたのがなんだかおもしろかったので。

願い事…願い事…

f:id:karorinyan:20190809033558j:plain今年は7月の七夕も8月の七夕もこれといった願い事をすることなく終えました。4億円欲しいとかFE100-400mmが欲しいとかそういう欲にまみれた願い事を毎年繰り返すのもどうかと思いましたし。やはり願いは自らの手で叶えるものなのです(急にかっこいいことを言ってみる)

 

写真は阿佐ヶ谷の七夕祭り2019。まあ地元のお祭りという事で一応撮っておこうかなと。手前の人をぶれさせたらよかったのかもですが手振れ補正のないFE 85mm f1.8とα7sではちょっと難しかったです。

ブログ開始以来二度目の縦写真

f:id:karorinyan:20190804202723j:plain

基本的には横写真な当ブログですが、先週行った山あげ祭りの歌舞伎の写真の中で1枚だけ貼るとしたらこれかなーって選んだのがこの縦写真。これが生活道路上に作られた歌舞伎の舞台ってのが本当に凄いなって。ええ。

 

写真は栃木の山あげ祭りの野外歌舞伎、戻橋。正体を現した鬼女を渡辺綱(後ろの平安貴族みたいなひと)が成敗するシーンです。今年は時間があまりなくて無理だったけど来年は戻橋以外の演目も見てみたいな~。

 

ちなみに1度目の縦写真はこれになります。

たんけんきみのまち

f:id:karorinyan:20190730095858j:plain

遠い昔の話ですがたんけんぼくのまちって番組がありましてね。チョーさん(大槻班長とかスーパーミルクちゃんの大統領とかいずれ大統領になるはずのウィルソン・フィリップス上院議員の声優さん)が日本のいろんな街を自転車でたんけんして絵地図を作ったりする教育番組だったんですけど、今自分がこうして日本中のいろんな街の写真を撮ってブログに貼ってたりするのはその番組の影響が少なからずあったりするのかもですね。はい。

 

写真は神戸タワーから見たポートアイランド方面。「ちゃんとタワーに上って撮ったことが伝わるような写真」ってどうやって撮ればいいのか試行錯誤した結果、100円入れると使えるあの双眼鏡をフレームに納めることにしました。狙いはまあまあ良かったんじゃないでしょうか。どうでしょうか。これからもいろんなまちを探検してこういう写真を撮っていきたいですね。

日本一の移動式野外劇

f:id:karorinyan:20190728010018j:plain

世の中にはまだまだ想像もできないような世界があり、それを知るたびに少し幸せになるのです。

 

写真は烏山の山あげ祭の奉納余興(戻橋)。ユネスコ無形文化遺産にも指定されている移動式野外歌舞伎です(たぶん)。このセットを短時間で組み立てて歌舞伎をやって終わったらまた分解して次の開催場所へ移動するんですけど、その一連の流れがなんというかまさに文化遺産って感じでした。

f:id:karorinyan:20190728010807j:plain

f:id:karorinyan:20190728010918j:plainついでに組み立てシーンもどうぞ。こうやって山を上げるので山あげ祭、だそうです。歌舞伎の方の写真はまた後日。